国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

PCR検査と抗原検査と抗体検査

2020年7月27日

連日増える新型コロナウイルスの感染者数に驚きますが、PCR検査数も増えてきました。新宿区では新型コロナウイルス感染者への見舞金(10万円)も支払われるそうです。お見舞金をもらえるというのは検査を受ける動機になるかもしれませんが、いざ陽性になったときこのお見舞金をありがたく感じるか、あるいはそれどころではない恐怖心に襲われるか実際に陽性になってみないとわからない気がします。

ところでコロナウイルスの感染を調べる検査には抗原検査や抗体検査もあります。(報道されているのはほとんどがPCR検査で、東京都が毎日発表している陽性の患者数は2,3日前にPCR検査された結果のようです。)

抗原検査はPCR検査よりも早く30分くらいで結果がでるそうですが、精度が低いようで、陰性になっても症状がある場合はやはりPCR検査をしないとわからないようです。抗体検査は過去に新型コロナにかかっていたかどうかがわかる検査のようです(PCR検査や抗原検査は今感染しているかどうかを調べる検査)。抗体と抗原は名前が似てますが英語でもAntiがついています。元は英語からの翻訳でしょうか。(鍋)

今日の用語 

■PCR検査        
英語 PCR test
フランス語 Test PCR 
スペイン語 Prueba PCR
ロシア語 ПЦР-тест

■抗原検査
英語 Antigen test
フランス語 Test antigénique/Test antigène
スペイン語 Prueba de antígenos 
ロシア語 Тест на антигены

■抗体検査
英語 Antibody test
フランス語 Test sérologique
スペイン語 Prueba de anticuerpos
ロシア語 Тест на антитела

エピセンター

2020年7月22日

再びコロナの話題です。
先日ニュースを見ていたら東京のエピセンター化という問題が国会で取り上げられていました。エピ・・え?脱毛とかのエピ?と思ってしまったのは私だけでしょうか。
フランス語でépi は「穂、毛」です。(épilation は脱毛ですが、最近日本ではエピという脱毛器もあるようで私にはこのイメージが強かったせいかもしれません)
改めて辞書で見るとこの「epi-」はもとはギリシャ語で「上、外、終わり、付帯」を表すそうです。エピセンターとは中央地のこと。国会で話した教授は「東京型」「埼玉型」などのウイルスの型が発生しているかもしれないことを警告したものでした。

ちなみにエピセンターという言葉、一般的には地震の震源地だそうです(震源地という意味でも一般的には使われているようですが細かい言い方をすると震源はhypocenterでその真上がepicenter だそうです)。

■今日の表現 「東京の(感染症の)エピセンター化」
英語 Tokyo: the epicenter of the coronavirus outbreak in Japan.
フランス語 Tokyo : l’épicentre de la propagation du coronavirus au Japon
スペイン語 Tokio: el epicentro del coronavirus en Japón..
ロシア語 Токио становится эпицентром пандемии

フランシール代表 鍋田

ロックダウンと自粛

2020年7月17日

毎日コロナのニュースをドキドキしてみています。機能の東京は過去最多の286人!いよいよ日本もヨーロッパやアメリカのようになっていくんでしょうか。重症患者が少ないことは気休めになりますが、やはり高まる緊張感を感じます。再び外出自粛にならなければいいのですが。
さてこの自粛、海外の人には不思議に映るようです。Lockdown(都市封鎖)をして罰金を課すなどして人々の自由を奪う西洋に比べてSelf-restraint(自粛)は甘いと見えるんでしょう。
ただ、今年の3月、4月に感じた自粛ムードというのは「家にいたほうがいいよ」という軽いものではなかった気がします。弊社のフランス人も公園でマスクを取ると近くの女性に注意されたと言っていましたが、自粛警察は正直本当の警察より怖い気がします。
ちなみにフランスではロックダウンを「Confinement」と言います。てっきり英語をフランス語のように使って「ロックダウン」と言っているのかと思った私は驚きました。さすがフランス人。英語を安易には使わないんだなと思いました。

今日のワード

■都市封鎖
英語 Lockdown
フランス語 Confinement
スペイン語 Confinamiento
ロシア語 Закрытие города

■外出自粛
英語 Self-isolate (Self-quarantine)   
フランス語 Confinement volontaire
スペイン語 Aislamiento voluntario
ロシア語 Добровольная самоизоляция

フランシール代表 鍋田

Remote interpreting: a chance for the internalization of SMEs

2020年6月11日

New normality is not here yet. For the last couple months, we all have started taking measures in urge to adapt to this never-ending shifting reality. Citizens follow guidelines from the experts, while companies from different industries face different challenges. Having all the options on the table, every single factor must be scrutinized in order to implement the right measures to continue being an active actor in the market.

The translation and interpretation industry which my company belongs to, has not been impacted as badly as the hospitality or the fashion industry. Although April was a rather sluggish month for most, right now translation is still alive and well. Since most freelance translators have been working remotely since the birth of the internet, not much has changed in this regard. Fields such as audiovisual and literature translation especially are in times of plenty, with streaming content or videogames being almost the only option of entertainment available.

On the other hand, it is not an overstatement to say that interpretation or oral translation is in a lean period. Interpreters are qualified professionals with not only a great understanding and fluency of the two or more languages that they work with, but also with an array of skills to pass a message and make communication between two or more parties possible, being a key tool in the global stage we are at. Although the practice of delivering the message after the intervention of the speaker for the participants to follow the discussion, which is known as consecutive interpretation, is more common and requires virtually no equipment, for high-level meetings, seminars with many participants where there is not enough time to exchange between the speakers and interpreters, simultaneous interpreting is necessary. When providing this service, the interpreter finds herself/himself listening actively to the speaker to understand the meaning in order to convey it to the listeners on the spot. Similar to professional athletes, surgeons or chemists, the highest-level interpreters might be seen by some as extraordinary people with superpowers.

However, we are in an age where even the more capable people’s job is in shambles. Here in Japan, we are seeing with our own eyes how many expats are being sent back to their home countries. All the hard work developing skills and know-how is suddenly not a guarantee for having a stable life. It seems like this situation will not get better anytime soon and at these trying times, it seems like there is not any hope left. Or is it really?

Not as expected, this viral crisis might actually bring some great business opportunities both for companies with presence in the international landscape and professionals involved. Remote teleconference platforms, such as Zoom or Interprefy, as well as a large number of apps that are available to the public now, provide a premium service that enables one or several designated persons to do simultaneous interpretation. A simple feature enables the participants in the videoconference to select a channel to listen to the interpreter in the language they understand, muting the speaker that is intervening in one language to select the interpreter’s channel. Despise the sometimes-imperfect quality of the sound and some basic technical difficulties that may arise, mainly due to the internet connection, this is indeed an experience not so different to a professional setting at an international meeting, conference or seminar, where sound-proof booths, microphones, headphones a PA system are required.

We do believe that with the new 5g network that is being implemented, new tech will be developed, bringing new business opportunities and ways of carrying out such. We can see great positive outcomes for companies whose activity crosses borders and for professionals involved in this field. With shorter notice, companies will be able to connect with a professional interpreter that, having a similar high-quality service for a significant lower price. Moreover, this will help small and medium-sized enterprises to have more chances to negotiate and build up a relationship with foreign companies and vendors. Likewise, interpreters can benefit from this new way of providing services by managing their schedules better and having a better work-life balance.

The role of a translation and interpretation agency remains the same: providing clients with the resources and solutions needed according to their needs whenever they need with the guarantee of having a great outcome, however agencies must continue to find out how to help and assist their clients in the most efficient and way in this new era we are entering.

Jorge Rubio
Franchir Co., Ltd.

月夜野にて

2020年6月8日

===
利根川の上流の風景です。
正面のはるか140km先が東京です。
都民の飲料水は、この水です。

ここでは、水は青く、そのまま飲めそうな感じです。

縄文遺跡が岸辺にあります。
きっとこの利根川の水で生計を立てていたのでしょう。
そして利根川の魚を獲って。
===

弊社登録の通訳者さんが、とても美しい写真を送ってくれたので
皆様にも共有させていただきます。
この風景を見て、なぜか私はとても勇気づけられました。
今週もがんばりましょう!

株式会社フランシール ブログ担当:上畑

5 / 33

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント