国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

観光も大事ですね!

2020年5月1日

皆さん!
英語担当のブラッドです。
このような大変な時期に皆さん十分にお体ご自愛下さい。このウィルスに負けずに頑張りましょう!
私のこの一年間の活動について少し話したいと思います。具体的には、国土交通省の観光庁へ派遣されて色々な面白い仕事をしてきました。
この一年間があっという間に経ちましたが、いろいろ学んできて皆様のおかげで観光業界に対して興味を持つようになりました。

令和元年度は日本の観光業だけでなく、日本全国にとって画期的な一年でした。まずは、昨年の6月に日本での初めてのG20首脳会合が大阪で開催されました。そちらで採択された宣言の中に、観光はこれからの世界経済の成長のための重要な牽引役となり、不平等の対策等にもなると入りましたので、このことは観光庁の中でも話題になり、この会合のため、6月は繁忙期でした。
それからも色々な仕事が続きました。首脳会合の後、様々な所で大臣会合が開催され、観光大臣会合も観光で盛んになっている北海道の倶知安町で開催されました。ついては、この会合のためのレター、招待状、ご案内等の英訳、スピーチ録音等の作業をして、観光の重要さがもっとわかってきました。例えば、会合の前に「観光×テック」をテーマとしたピッチコンテストがあり、地方への太陽光発電の支給やユーザー共有のバリアフリーマップ等、たくさんの有意義な提案が出てきました。また、こうして大臣会合が開かれることで、自然や文化がいっぱいの倶知安町のような世界中に(私も含めて)あまり知られていない地方の観光地がもっと有名になり、経済振興や雇用創出にもつながります。

世界に広がっている新型コロナウィルスが影響していない業界はないかと思いますが、国内も海外の観光も正常に戻るのにはかなり時間がかかると心配しています。本年は東京2020年オリンピック・パラリンピックも開催する予定でしたので、目標であった史上最大の海外観光客数及び支出額に達することができるかと想定されましたが、オリンピックをはじめイベントの中止、旅行禁止や外出自粛の要請に伴い、観光客数の目標を達成するのはおろか、都内でも地方でも観光客による消費が減少し、生活が厳しくなっている住民が増えているでしょう。

これは日本だけではなく世界中で苦労していて、悲しいことに閉鎖している企業も出ていますよね。一つの例としては私の出身のオーストラリアのアデレードでもカンガルー島という地方の場所で今年の初めにひどい山火事が発生し、島の約半分くらいの土地が燃えてしまいました。やっと落ち着いてきてから、地方創生のため、募金活動の上に活発に観光プロモーション活動を再開しましたが、コロナウィルスのせいで観光客は非常に少なくて生活が厳しくなっているでしょう。皆さんが苦労していると思いますが、そのように観光を頼りにしている所も世界中にたくさんあると思いますので、ウィルスが早く終息することを祈っています。

この一年で観光に対する関心が高まり、大事さがもっとわかってきました。
観光庁の皆さんも優しく親切で、困っているときに色々と手伝ってくださったり、ランチ、飲み会に誘っていただいたり、色々な面白いお話を聞かせていただいたりして、本当にお世話になりました。
最後にもバンダナのお土産 もありがとうございます!これからもよろしくお願いいたします。
皆さん、色々大変な中、お体に気を付けてお過ごしください。

IMG_1149

株式会社フランシール 英語コーディネーター ニコラス・ブラッドリー

非常事態宣言と緊急事態宣言

2020年4月30日

先日、私が通訳にアンケートを送ろうとしたらロシア人スタッフに「非常事態宣言ではなく今出ているのは緊急事態宣言ですよ。」と注意されました。ずっと私は非常事態宣言だと思い込んでいたので驚きました。
しかしニュースを見ていると海外の「非常事態宣言」を伝えているニュースもあり、混乱します。何が違うんでしょうか。

日本の官庁系ホームページや法務省の日本法令外国語訳データベースによると、緊急事態宣言は「the declaration of a state of emergency」です。日本語では非常事態宣言ではなく緊急事態宣言が正しい用語のようです。他の国の用語も見てみました。

●フランスではEtat d’urgence sanitaire (公衆衛生上の非常事態)
●アメリカではNational Emergency(国家非常事態)
●イギリスではState of emergency(緊急事態宣言)

Emergency をマスコミによっては非常事態や緊急事態と訳しているようです。日本の宣言についてはどのニュースも緊急事態宣言と共通していますが、海外のニュースを訳すときには非常事態と緊急事態が混在しているのかなと思いました。
いずれにせよ、私の使い方が間違っておりました。外国人スタッフ、頼りになります。

株式会社フランシール 代表取締役 鍋田尚江

★お知らせ★ 医療従事者、福祉関係の皆様へ

2020年4月28日

フランシールでは、今のコロナ禍の最前線で戦っていらっしゃる医療従事者や福祉関係の方に5月末まで無償で言語サービスを提供させていただこうと思います。
日本語が通じないお相手とのやり取りなど、お困りのことがありましたら弊社スタッフができる範囲で対応させていただきます。
(対応可能言語 英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、スエーデン語、中国語、モンゴル語など)
より専門性の高い通訳が必要と判断する場合は別途有償通訳をご案内する場合もございますが、弊社スタッフで対応が可能な限りは無償とさせていただく所存です。
オンライン、電話、メール等、お困りのことがございましたらお電話(03-6908-3671)またはホームページ右上の「無料お見積」ボタンよりご連絡ください。(営業時間:平日9:30~17:30)
社員一同、皆様の連絡をお待ちしております。

株式会社フランシール 代表取締役 鍋田尚江

★お知らせ★ オンライン通訳も対応しています!

2020年4月22日

平素は格別のご愛顧くださり、心より御礼申し上げます。
弊社ではSKYPE やZOOM等のウエブ会議ツール上のオンライン通訳も各言語とも対応可
能です。
料金等については担当コーディネーターに直接お問い合わせいただくか、
右上の「無料お見積はこちら」ボタンより、お問い合わせください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

★なお、現在一部の社員が在宅勤務をしておりますが、目白オフィスは
通常通り営業しておりますので、お急ぎの場合は03-6908-3671までお電話ください。

株式会社フランシール ブログ担当:上畑

オンライン通訳も対応しています!

2020年4月22日

平素は格別のご愛顧くださり、心より御礼申し上げます。
弊社ではSKYPE やZOOM等のウエブ会議ツール上のオンライン通訳も各言語とも対応可
能です。
料金等については担当コーディネーターに直接お問い合わせいただくか、
右上の「無料お見積はこちら」ボタンより、お問い合わせください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

★なお、現在一部の社員が在宅勤務をしておりますが、目白オフィスは
通常通り営業しておりますので、お急ぎの場合は03-6908-3671までお電話ください。

株式会社フランシール ブログ担当:上畑

11 / 38

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント