国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

SDGsについて考える 「目標15 陸の豊かさも守ろう」

2020年11月6日

[陸上資源] 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利 用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠 化への対処ならびに土地の劣化の阻止・ 回復及び生物多様性の損失を阻止する

■日本語:陸の豊かさも守ろう (◎は国連の公用語である6言語)
◎英語:Life on land
◎フランス語:Vie terrestre
◎スペイン語:Vida de ecosistemas terrestres
◎ロシア語:Сохранение экосистем суши
◎中国語:陆地生物
◎アラビア語:الحياة في البر
スウェーデン語:Ekosystem och biologisk mångfald

日本には古くから人と山の付き合いを表現した〈里山〉という言葉があります。
人が住む地域との境界線にある生活に身近な山部分、という意味合いで使われますが、なんとなく懐かしいような温かい気持ちになる好きな言葉です。

起伏にとんだ小さな島国の日本。
人にとって住みやすい平地が少なく、すぐ後ろに山があるという環境でいかに快適に生活していくか。
様々な経験を活かして代々受け継ぎながら、開墾し伐採・植樹といった作業を繰り返し、
山の生態系との塩梅を加減して、人にとって都合の良い環境に造成してきたのが里山です。
春に芽吹き、夏には葉を茂らせ、秋になったら葉を落として寒さに備え、冬には水を貯えて強く根を張り春に備える。
先人はそういった四季折々の山の営みに合わせ、自然の恵みの恩恵を受けて様々な命とともに1年1年暮らしてきました。
近年経済成長を重視した結果、日本に限らず世界中で樹木が減り、保水力の無くなった土地が砂漠化し、
残っていた森林も異常気象による熱波により失われています。
ヒトにとってだけ都合の良い開発developmentは地球にとってはただの破壊でしかありません。


今年の夏、会社から見えた二重の虹🌈

雨上がりの虹がかかるようなきれいな空が見られない国もあります。
子供たちが安心して心豊かに育つために、壊してしまったものを少しでも取り戻して次世代に繋ぐことを目標goalとして心がけていきたいです。
(老婆心)

<<
>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント