国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

SDGsについて考える 「目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう」

2020年10月14日

[インフラ、産業化、 イノベーション] 強靭(レジリエント)なインフラ構築、 包摂的かつ持続可能な産業化の促進 及びイノベーションの推進を図る

■日本語:産業と技術革新の基盤をつくろう (◎は国連の公用語である6言語)
◎英語:Industry, innovation and infrastructure
◎フランス語:Industrie, innovation et infrastructure
◎スペイン語:Industria, innovación e infraestructura
◎ロシア語:Индустриализация, инновации и инфраструктура
◎中国語:产业、创新和基础设施
◎アラビア語:الصناعة والابتكار والهياكل الأساسية
スウェーデン語:Hållbar industri, innovationer och infrastruktur

UN(国際連合)の定義を引用しますと、目標9は「強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的

かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る」です。つまり、人とモノがより効率的につながるために、新しいスキル、産業と技術を開発し、開発途上国でもみんなに役に立つ、安定した産業を育てることです。目標9はさらに細かな8個のターゲットで構成されています。

日本、アメリカ、カナダ等の先進国では、様々なインフラが十分整備されていて、都市部だけでなく地方に暮らしていても、大量輸送、再生可能エネルギー、情報通信技術(ICT)の恩恵を受けることができます。ただし、世界中にはインフラが普及していない地域が、現在でもたくさんあります。最低限のインフラである電力、水道すら発展されていない国もあります。
基礎インフラを含む持続可能な産業を開発する事は、目標9の1つ目のターゲットです。基礎インフラに誰でも公平にアクセスできるようになれば、人間の福祉向上に繋がります。また、福祉や生活に必要な持続可能な施設や設備の充実は、生活水準の向上と技術革新をもたらします。目標9の1つ目のターゲットの達成は、世界のための必要不可欠な段階です。

皆様にこの記事を読んでいただく事ができるのは、インターネットのおかげです。すでに世界中のインターネットの普及率は高いと思われますが、実はインターネットを使えない人々はまだまだ多いのです。「Measuring digital development: Facts and figures 2019」(ITU/ 2019) によりますと、約36億人がインターネットにアクセスできていません。80%以上の人がインターネットを使えない、開発が遅れている国もあります。
インターネットを含める情報通信技術(ICT)は、SDGsに必要不可欠であるとされており、とくに後発開発途上国でICTのアクセスを向上させ、安価なインターネットをだれでも提供できる ようにするのが目標9の8つ目ターゲットです。

コロナ禍の世界で外出制限など感染対策に伴い、インターネット利用が急増しています。例えば、ZOOM等のソフトウェアを使って自宅でオンライン授業を受けるようになった子供たちがたくさんいます。ただし、そもそもインターネットが使えない地域では、学校閉鎖で教育を受けられなくなってしまう子供たちもいて、不公平が発生しています。それが、「デジタルディバイド」(情報格差)です。
今のような困難な時期こそ、インターネットは単なる娯楽の発信源ではなく生活のあらゆる面で必要不可欠なものです。ネット環境が整っていない地域は教育や医療への悪影響が大きい事もよくわかります。
全世界が誰にでも便利で公平になるために、自分で調べたり、周りの人に意識を広めたり、無理のない範囲で募金をしたりして、できることを考え、持続可能な社会のために行動してみましょう。

私は「デジタルディバイド」という言葉を知りませんでした、皆様はご存知でしたか。
また、インフラが整っていない地域に行ってみたことがある方がいらっしゃいますか。ご感想などはコメント欄で是非お待ちしております。 (マドレーヌ)

<<
>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント