国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

A.I とI.A

2020年8月31日

「FRANCE JAPON ECO」という雑誌があり、フランス商工会議所のメンバーにおくられてくる日本語とフランス語の雑誌があります。先日送られてきた表紙を見て、「え!」と二度見してしまいました。「I.A!」。 まさか「A.I.」の誤植??表紙から??

いえいえ、そうではありません。Intelligence artificielle(フランス語), Inteligencia artificial(スペイン語)など、ラテン系の人工知能(AI)はこの略語が正しいようです。確かにラテン語は後ろから形容するから仕方ないのかもしれませんが、どこかで「英語とは違うんだ」という言語の意地を感じます。

もちろんAI自身はそんな言語による違いもすでに把握しています。試しにGOOGLE翻訳で「英語→フランス語」に「AI」と入れてみたらすぐに「IA」を出してくれます。人工知能は私たちが寝てる間も発展し、知らないことなどないのかもしれません。

しかしAIだって最近は人間みたいなミスもおかします。例えば

GOOGLE翻訳で日本語から英語を選び、日本語の欄に「白黒白黒白黒白白白黒」と入れると
「Black and white black and white black and white white white black and white」(!)
と、なぜか最後に白を足してしまいます。ちなみに赤黒赤黒赤黒赤赤赤黒(Red black red black red black red red red black)では問題なく訳されるので、白黒バージョンのほうがよりたくさんの対訳データがあり、そちらでは「Black and white」と対になる確率のほうが高いから上記のような結果が出るのかなと思います。

先日は「当機構」という言葉がある文章を入れてみるとすべて「JQA」となり、「なんの略号だろう?」と思って調べると、ある財団法人の名前でした。多分AIはそこの対訳コーパスをたくさん食べたんだろうと思います。

すごく出来るけど、やってしまうミスがだんだん人間っぽくなってきて、「やっぱり少しお世話してあげないとね。」と、個人的には少し親しみが沸いてしまいます。

ちなみに、2013年にオックスフォード大学の研究者らが発表し、日本の教育現場でも「今の職業は10年後にはなくなっているのでは?」と、話題になる論文(THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION?
<雇用の未来:コンピュータに代替される職業は?(仮訳)>:https://www.oxfordmartin.ox.ac.uk/downloads/academic/The_Future_of_Employment.pdf)では、リスト化された702の職業のうち、コンピュータに代替されにくい職業として「翻訳・通訳」は上から265位についています。正直700番台あるいは600番台後半かと思ったら、意外と代替されにくいランクにつけていました。上のようなAI翻訳の残りを整理する仕事や、AIに食べさせる対訳コーパス作りといった地味な仕事がAIのためにもあるからかもしれません・・。(鍋)

今日の用語(せっかくなのでAIにちなんで)

■人工知能(AI)
英語: Artificial Intelligence
フランス語 : Intelligence artificielle
スペイン語 : Inteligencia artificial (IA)
スェーデン語: Artificiell Intelligens
ロシア語 : Искусственный интеллект
中国語: 人工智能

■機械学習
英語: Machine Learning
フランス語 : Apprentissage automatique
スペイン語 : Aprendizaje automático
スェーデン語: Maskininlärning
ロシア語 : Машинное обучение
中国語: 机器学习

■深層学習(ディープラーニング)
英語: Deep Learning
フランス語 : Apprentissage profond
スペイン語 : Aprendizaje profundo
スェーデン語: Djupinlärning
ロシア語 : Глубокое обучение
中国語: 深度学习

■強化学習
英語: Reinforcement Learning
フランス語 : Apprentissage par renforcement
スペイン語 : Aprendizaje por refuerzo
スェーデン語: Förstärkningsinlärning
ロシア語 : Обучение с подкреплением
中国語: 强化学习

■深層強化学習
英語: Deep Reinforcement Learning
フランス語 : Apprentissage profond par renforcement
スペイン語 : Aprendizaje por refuerzo profundo
スェーデン語: Djup förstärkningsinlärning
ロシア語 : Глубокое обучение с подкреплением
中国語: 深度强化学习

■技術的特異点(シンギュラリティ)
英語: Technological Singularity
フランス語 : Singularité technologique
スペイン語 : Singularidad tecnológica
スェーデン語: Teknologisk singularitet
ロシア語 : Технологическая сингулярность
中国語: 技术奇(异)点

<<
>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント