国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

ヨーロッパの個人情報保護事情ーGDPR(一般データ保護規則)ーについて

2020年9月29日

みなさんは欧州連合(EU)の一般データ保護規則(英:General Data Protection Regulation、GDPR)をご存知でしょうか。2016年に公布され、2018年5月から施行されている個人情報保護法です。民間企業の業務に影響を与える法律であり、欧州連合の市場規模を考えれば、日本企業も無視できない条例です。以下に簡単にご説明させていただきたいと思います。
GDPR は欧州連合の全加盟国(現在27か国)に施行されています。EU法によると、規則(英語ではregulation、フランス語ではrèglement)は指令(英語もフランス語もdirective)とは違い、直接的に加盟国の法律となるため連合全領域に統一して実施されます。

GDPRの方向性は以下の三つです:
1) 個人情報データの保護強化
2) 個人情報データを扱う業者・組織の責任明確化
3) 個人情報データ扱いの監視機関権限強化

個人データを取り扱う企業は、GDPRで問題にならないようにするため、下の助言を遵守する必要があります。
1) 目的達成のためだけのデータしか収集しないこと
2) 透明性を保つこと
3) 個人情報主体の権利行使を確保すること
4) データの保存期間を定めること
5) リスクを認識し、データの保安に努めること
6) GDPRへの対応を継続的なプロセスにすること

日本企業も、EU諸国から個人データが含まれるデータを受け取る場合は、注意が必要です。もし違反すると、年間売り上げの4%、あるいは2000万ユーロ(どちらか高いほう)の罰金を課せられるとなります。また、日本の個人情報保護法などとの違う点はいくつかありますが主要点を下記に記します:
1) GDPRでは、クッキーやIPアドレスが個人情報であることが明記されていること。
2) GDPRでは、開示義務が広い(ユーザーの権利、保存期間など)こと。
3) GDPRでは、個人情報主体はいつでも同意を撤回できるように、撤回方法は容易でなければならないこと。いわゆる「忘れられる権利」があり、違反がなくても削除できること。

また、日本では個人情報保護の適切な措置をとる会社にプライバシーマークがありますが(フランシールも取得していますが)、ヨーロッパでは同様のしくみは特になく、全世界共通のISO27701がそれに相当します。(ノブル)

SDGsについて考える(1)「目標1 貧困をなくそう」

2020年9月25日

■日本語:貧困をなくそう (◎は国連の公用語である6言語)
◎英語:No poverty
◎フランス語:Pas de pauvreté
◎スペイン語:Fin de la pobreza
◎ロシア語:Ликвидация нищеты
◎中国語:无贫穷
◎アラビア語:القضاء على الفقر
スウェーデン語:Ingen fattigdom

目標1は、2030年までに1日1.25ドル以下で生活する貧困層をなくすことや、貧困層の割合を半減させること、社会保険の充実などさらに細かい7つの目標を提示しています。自分が困っていない時には心配になる途上国の問題も、今年のようにコロナで自分たちの安全が脅かされ始めるとそれどころではなくなりそうです。今年彼らはさらに世界中から見放されてしまうのではないでしょうか。私たちが普段通訳や翻訳で携わっている国際協力も現在は滞りがちです。今もコロナがなければ日本の援助で助かっていた人たちもいたのかなと思うと残念でなりません。

私はアフリカで、路上で暮らす障害を持った子供や、水の出ない学校へ通う子供たちを見ました。彼らの屈託のない笑顔を見ていると貧困なんてなんのそのという気持ちにもなりましたが、彼らは間違いなく貧困層に属していたと思えます。また、貧困層は海外のことだけではありません。日本でも貧困層は増えているそうです。

前の職場の上司が、「人は生きてるだけでだれかの邪魔をしている」と言っていたのを思い出しました。今はコロナ禍で私たちも今までになく行動を制限させられていますが、毎日ご飯を食べられて生きていけるなら、それだけでもある意味幸せなのかもしれません。目の前にあるお菓子をセーブしようとダイエットに励む(私のような)女性がいる一方で、そのお菓子があれば明日生きられる人たちがいること、忘れてはいけないのかなと思います。(鍋)

SDGsについて考える

2020年9月23日

あれは去年、フランス商工会議所の方が会社を訪れてくださった日のこと。今後のメンバーの活動などについて話していると「御社のSDGについてのポリシーなども主張できるのでは?」と言われ、「SDG?何ですか?」と私が言うと、慌ててその場でスマートフォンを取り出して教えてくれたのを覚えています。

時代はSDGだったんですね!国際協力を専門に扱っておきながら私はカラフルなバッジをつけている人のこともおしゃれなのかなとしか思っておりませんでした。
SDGsとは、2015年9月に国連サミットで採択された持続可能な開発目標で、全世界でわかりやすく17のゴールを設定したものだそうです。きれいなロゴは一つ一つが持続可能な未来を示しており、このバッジを付けた人は同目標を目指す企業で働かれている方々、ということらしいです。かつて私が開発経済を勉強したときには持続可能な開発や貧困撲滅は目標としてありましたが、一般に向けたこのようなわかりやすい運動はあまりなかった気がします。(時代によってトレンドは変わるんですね。)

社内の人たちの勉強にもなるのでしばらくブログでは一つ一つのゴールについて身近な問題から考えつつ、各目標の言語についても勉強していこうと思います。

今日の用語
■ 国際連合(国連)
(◎は国連の公用語である6言語)
◎英語:United Nations (UN)
◎フランス語: Nations Unies, l’Organisation des Nations Unies (ONU)
◎スペイン語:Naciones Unidas (ONU)
◎ロシア語:Организация Объединенных Наций
◎中国語:联合国
◎アラビア語:الأمم المتحدة
スウェーデン語:Förenta Nationerna (FN)

■持続可能な開発目標(SDGs)
◎英語:Sustainable Development Goals (SDGs)
◎フランス語:objectifs de développement durable (ODD)
◎スペイン語:Objetivos de Desarrollo Sostenible (ODS)
◎ロシア語:Цели в области устойчивого развития
◎中国語:可持续发展目标
◎アラビア語:أهداف التنمية المستدامة (SDGs)
スウェーデン語:Globala målen för hållbar utveckling

ロゴなどは、国際連合広報センターのサイトを参照させていただきました。

(ところで、個人的にはどうして国際連合という、もともとそんなに長くない日本語をあえて国連と訳すのかが不思議です。
国連憲章、国連軍などは略称以外で書かれているのはほとんど見ない気がします。わかる方、是非教えてください。)(鍋)

パワーポイントで動画を作成する方法②

2020年9月16日

先日のパワーポイントから動画を作成する方法①で作成したパワーポイントを利用して、今度は英語版、フランス語版、スペイン語版を作ってみました。(すべて社員がナレーションをしています。プロのナレーターではありませんがそれぞれの言語のネイティブが行っています。)

もし「あの人とZOOMやりたいけれど、やったことあるかな?」なんていう知人や友人がいたら是非利用してください。

① 英語版(YouTube)


Let’s have an online meeting!

② フランス語版(YouTube)


Faisons nos réunions en ligne!

③ スペイン語(YouTube)


¡Hagamos una reunión online!

簡単にできるパワーポイントからの動画作成、皆さんも是非やってみてください。また、当社ではナレーションの依頼も承っておりますのでお気軽にお問合せください。(鍋)

 

オンライン通訳の注意点

2020年9月15日

9月になり、「オンライン会議の通訳を依頼したい」というご依頼をいただく機会がぐっと増えました。お客様がリモートで行う会議の逐次通訳です。逐次通訳ですので(話者→通訳→話者→通訳と順番に話す)、機材を準備する必要はありません。オンライン会議なので通訳はオンラインでも対応できるのですが、今のところ圧倒的に多いのが、「通訳にお客様のオフィスに来てほしい」というお問い合わせです。

通訳はお客様のオフィスに伺い、事前に会議の背景やその日の議題について説明を受け、会議中は話者の隣に座って通訳を行います。話し相手はオンライン上の画面の中にいますが、お客様も、通訳も、これまでの一般的な逐次通訳と全く同じ環境で業務を行うことができます。

さて弊社では、オンライン通訳について現場の通訳者にヒアリングを行っています。オンライン会議自体がまだ始まったばかり。どのようにすればお客様や通訳にとって仕事をしやすくなるのか、実際に社内会議をリモートで行うなど(テレワーク中の会議①テレワーク中の会議②)、関係者の意見を集め、検討を重ねています。

今日はその一部をご紹介させていただきたいと思います。通訳の傭上をご検討中の方も、そうでない方も、オンライン会議の準備をする際の参考にしていただければ幸いです。

●事前に接続テスト(リハーサル)を行う。
会議を始める15~30分くらい前から参加者全員で接続を開始して、準備をしておくことをお勧めします。新しく会議に接続する場合、最初の数分はデータ負荷が大きくなり、その後徐々に安定するそうです。回線トラブルを避けるためにも、時間に余裕をみて早めに接続しておくことが大切です。マイクとスピーカーのテストもお忘れなく。

●接続はWiFiよりも有線での接続が好ましい。
日本国内でも通信インフラが安定しているとは言えません。特に自宅から参加する場合は要注意です。

●参加者はできるだけヘッドセットを使用する
PCの内蔵マイクは、話し声以外の雑音も拾ってしまう、音が聞き取りにくいなど、通訳からのトラブル報告No.1です。会議の参加者にはできるだけヘッドセット又はマイクを使用するようにお願いします。会議室用のマイクスピーカーフォンを使用する場合は性能の良いものをご使用ください。

●出席者のリストを事前に作成して参加者に共有する
話していて誰が誰なのかわからない、という声も多いです。Zoomの表示名はリストと同じ名前にするようあらかじめ参加者に伝えていただくと良いかと思います。(表示名は簡単に変更ができます)

●話していないときはマイクをミュートにしましょう。
通訳にとっては、雑音が最大の敵となります。

●事前に議題もしくは進行表をご準備ください。
オンラインの場合、話し始めるタイミングがちょっと難しいのではないかと思います。発言を仕切る進行役がいるとスムーズです。簡単なメモでも構いませんので事前にアジェンダあるいは進行表をご準備いただけると助かります。

●画面共有などで使用する資料は、事前に通訳に共有をお願いします。
突然その場で見せられた書類を翻訳するというのはかなり難易度が高いです。事前に資料を送ってくれたら5分で理解できたのに…と通訳は考えます。通訳が正しい情報を伝えるためには、とにかく事前のインプットが肝心なのです。なお、ビデオ映像の場合、その場で通訳はできませんので映像資料を使用する場合はご注意ください。

●(同時ではなく)逐次通訳ですので一人ずつ順番にお話ください。

最後は通訳からのお願いのような内容になってしまいましたが、安くない金額で通訳を使っていただくからには、最大のパフォーマンスを発揮して、お客様のプロジェクトの成功をお手伝いしたい!!と、通訳もエージェントも心から願っています。お客様がコロナ禍を乗り切るお手伝いができるよう、これからもフランシール一同で頑張ってまいります。お客様からのご意見やご要望などもぜひお聞かせください。(上畑)

1 / 2

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント