国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

翻訳サービスの国際規格 ISO 17100: 2015 を取得しました

2020年10月16日

株式会社フランシールは、2020年9月7日、翻訳サービスの国際規格「ISO 17100: 2015 Translation services – Requirements for translation services(以下、ISO17100: 2015)」の認証を取得しました。

対象範囲
以下の分野の翻訳サービス(日英)
①「金融・経済・法務」分野
②「工業・科学技術」分野
[JSA 翻訳分野区分: A ・ C ]

登録番号及び登録日について
・登録番号:JSAT050
・登録日 2020 年 09 月 07 日
・有効期限:2023 年 09 月 06 日

ISO17100:2015は、翻訳サービスの品質及び引渡しに直接影響を及ぼす翻訳プロセスのあらゆる側面に対する要求事項を規定した国際規格です。
翻訳サービスに必要な、プロセス管理、翻訳者等の資格・力量に関する最低限の要求事項、資源の可用性及び管理、その処置について翻訳サービス提供者(TSP:Translation Service Provider)を対象に規定しています。

日本規格協会ソリューションズのサイトにISO17100:翻訳サービス提供者認証について詳しい説明があります。

フローチャート(日本規格協会ソリューションズの上記サイトより)

今回のISOの認証にあたっては対象は上記分野における日本語から英語の翻訳で、フランシールの翻訳サービスのすべてが「ISO17100」に準拠しているわけではございません。
しかしながら対象外の言語・分野についても、品質管理プロセスを高めていくために努力していく所存です。フランシールは今後もお客様がより一層安心してお仕事をご依頼いただける会社を目指します。引き続きどうぞよろしくお願いします。

また、ISO17100に準拠した翻訳サービスをご希望の場合は、ご依頼時にお知らせください。社員一同お待ちしております。

株式会社フランシール
代表取締役 伊藤尚江

定款と商業登記簿の翻訳

2020年4月14日

みなさま、こんにちは。
今日は昨日と打って変わって、春の陽射しが気持ちの良いお天気ですね。

させて、フランス語やスペイン語、ロシア語等を担当していると
「定款と商業登記簿の翻訳は、英語から翻訳するのと日本語から翻訳するのはどちらが良いですか?」
というご質問をいただくことがあります。

日本語と英語、どちらから正確に翻訳できるのか?手間は違うのか?また予算的にはどうか?
というご質問かと思いますが、通常は「オリジナルの言語」つまり日本語から翻訳することをお勧めしております。

というのも、これらの書類は国際入札や海外との取引のために翻訳が必要になるもので
場合によって「翻訳証明を付けなさい」「公証を取得しなさい」という指示が入る可能性があるためです。
できるだけオリジナルの言語(定款と登記簿の場合は日本語)から翻訳しておくことで
翻訳証明や公証の取得の際にもスムーズに対応することができます。

ちなみに、弊社の場合、日本語から翻訳する場合も、英語から翻訳する場合もお値段はほとんど変わりません。

これらの書類は、一度きちんとした翻訳を作成してしまえば、後は必要に応じて更新していくだけなので、費用はそれほどかかりません。
翻訳をご検討の方は一度ご相談いただければと思います。

株式会社フランシール ブログ担当:上畑

JICA研修テキストの翻訳はフランシールへ

2019年9月9日

最近、ご依頼をいただく機会が増えているのがJICAの研修テキストの翻訳(英語、フランス語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、ベトナム語、アラビア語、ミャンマー語…など)。

JICAの研修テキストは、一般的に短納期で専門性が高く、難しい業務なのですが
翻訳を検討されているなら、ぜひフランシールにご相談ください!

◎フランシールをお勧めする理由、その1◎
フランシールはJICA本部登録の翻訳業者です。
JICA本部からご依頼いただく場合と同じ品質の翻訳をお届けすることができます。

◎フランシールをお勧めする理由、その2◎
フランシールには蓄積されたノウハウがあります。
プレゼンファイルの前処理、JICAの本邦研修に関する訳語の豊富さに加え、ネイティブスタッフが直接案件を担当することで、より完成度を高めております。

◎フランシールをお勧めする理由、その3◎
リーズナブルな料金設定。
ご予算に合わせて柔軟に対応させていただきます。
見積合わせでも頑張ります!

翻訳する書類、または類似の書類をお送りいただきましたら、折り返しお見積金額と納期をお知らせします。
(ご希望の予算や納期がある場合は、あらかじめお知らせいただけますとスムーズです。)
まずはお見積だけでもいかがでしょうか。

スタッフ一同、みなさまからのお問合せをお待ちしております。

フランシールの英語翻訳

2019年8月5日

会社名がフランス語のせいか、「御社はフランス語が強いのですよね?」と聞かれることがあります。

もちろんフランス語はかなり充実していると自負してはいるのですが、実はフランシールの売上を見ると、英語がいつもトップの座を占めています。日本では、英語の需要が圧倒的に多いと言いますが、本当だなと毎月実感します。

最近ではGoogleをはじめ機械翻訳の話題が何かと多いですが、フランシールの翻訳は基本的に職人仕事です。
熟練の翻訳者が、一文一文、意味を考えながら訳していきます。
翻訳支援ツール(CAT)を使用してスピードアップを図りますが、基本は職人さん(翻訳者)による手仕事ということになります。

知識と経験を積んだ、ベテランの翻訳者の仕事というのは美しく、お客様がもし迷われているようでしたらぜひ一度トライアルだけでも読んてみていただきたいといつも思います。
熟練の翻訳者は、翻訳した書類を、お客様がどのようなシチュエーションで使用されるかまで考えて、訳語や表現を選んでいるからです。いわばオーダーメイドなのです。
官公庁向けの報告書や、技術書類などはこういった丁寧な仕事が要求されますので、お勧めかと思います。

翻訳というと「とにかく安く、早く!」と言われることの多いお仕事ではあります。もちろん、私どもも職人の技をできるだけ安く、スピーディーに提供できるよう日々切磋琢磨しております。
一方で良い翻訳を生み出すための、こうした職人気質的な部分は、これからもずっと大切にしていきたいと思っています。

フランシールの英語翻訳、ぜひ一度お試しください!

パンフレットの翻訳とデザイン

2018年7月26日

猛暑もひと段落といった感じですが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

今日はフランシールのパンフレットデザイン業務についてご紹介したいと思います。

弊社で担当させていただいた冊子(一部)IMG_2348

フランシールでは、翻訳だけでなく、パンフレットデザインも承っております。専門のデザイナーが、お客様のご希望を伺い、目的に合ったデザインを提案をさせていただきます。もちろん翻訳と文書校正はフランシールのスタッフが対応。

東京オリンピックの開催に向けて、外国語のパンフレットの需要がますます増えている今、外国人向けのパンフレットを作ってみませんか?お店のメニューや観光案内、会社案内など、アイディア次第でビジネスの幅が広がるかもしれません。

フライヤーでもマガジンタイプでも、デザインから印刷まで、きめ細かく担当いたします。お値段も数万円からと、お手頃な価格となっております。詳しくは担当(上畑)までお問合せください。

国境を超えるあなたを応援します。株式会社フランシール

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント