国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

翻訳メモリとフランシール

2020年8月21日

先日の定例会でMemoQの方に講義してもらいましたが、今回はその翻訳メモリ(または翻訳支援ツール、CAT)について。翻訳メモリは以前はTRADOSが主流でしたが、最近ではMemsourceやMemoQなど新しいソフトも出てきています。翻訳メモリと機械翻訳は良く混同されますが、実は違うもので、翻訳メモリは自動的に訳してくれるわけではなく、まずは類似の対訳データをインプットする必要があります。

例えば
■私はりんごは好きだけど、オレンジは嫌いです。
(I like apples but I don’t like oranges.)
という対訳データがあります。
次に、
■私はりんごは好きだけど、なしは嫌いです。
という文章が出てきた場合、違うところは「オレンジ」と「なし」だけ。
翻訳メモリは「メモリにある文章と90%同じです」と教えてくれる、そんな感じが翻訳メモリです。
「I like apples but I don’t like (X) oranges.(90%)のように
違うところにマークがでてきて、「ここだけ変えたらその翻訳ができるますよ。」と教えてくれます。

そして、I like apples but I don’t like pears. とインプットしておけば、これがまた対訳メモリとしてデータ化され、次に「私はりんごは好きだけど、なしは嫌いです。」という文章がえてきたら「100%一致しています。翻訳する必要ありません。」と教えてくれるのです。

「あれ、似たような文章、さっきなかったっけー?」という記憶力が少ない人はこの機能がないと「I like apples, but I dislike pears.」など、意味的にはあってるけれど、違う文章を作ってしまうかもしれない、それを避けるためのソフトです。特にマニュアルなどで「右ボタンを押す」と書いたのに次のページでは「右ボタンを押してください。」と書いたりすると全体の統一感がとれないので大変重宝します。

これに対して、機械翻訳は予め決まった対訳データがあるわけではなく、
「私は」「I」
「りんごが好きです。」「like apples」
と置き換えていくものです。間違えませんが、出来上がった翻訳もどこか不自然でした。

しかし2016年、それまで機械翻訳らしく、不自然な翻訳をしていたGOOGLEがニューラル翻訳を開始しました。世界中の対訳集をかき集めて、AIに読み込ませ、文章を前からだけでなく、後ろからも分析して類似のコーパスを見つけてくる翻訳方法に代わりました(そうやってぐねぐね分析して翻訳するのでニューラル(神経)翻訳と呼ばれています)。出来上がる文章もかなり自然になりました。社内のアメリカ人コーディネータが「うわ!全然違う!」とびっくりしていたのを覚えています。(我々の仕事は終わったのか、とみんな青くもなりました。)

その後上記の翻訳メモリにもそういったAI翻訳機能を搭載することが可能になりました。つまり、対訳コーパスが用意されていなかったら翻訳できなかった翻訳メモリも、今ではゼロからの翻訳でもAI(機械)翻訳が訳文を提案をしてくれる、ということです。

私が学生のころは翻訳家といえば着物で机に向かって万年筆をもって苦悩する、文学者風情のイメージがありました。しかしその後翻訳会社に入り、商業翻訳が「1文字10円」などの内職のような仕事であることに驚き、その厳しさを痛感しました。
そして今、AI翻訳や様々なソフト連携の説明書からみる翻訳フローは、工学部のテキストのようです。商業翻訳はとうとう翻訳工学になりつつあります。

ただ、フランシールが取り扱う翻訳は、翻訳メモリの機能も単語レベルでしか使えない(調査報告書など案件特有の)翻訳や役所から発出される紙ベースの翻訳などのオートクチュール的なものがまだまだ多く、会社もいまだ翻訳工房的な雰囲気です。でも周囲を見渡すと翻訳は翻訳工場で大量生産されつつあり、今日の翻訳はまるでファストファッション。今後は圧倒されないよう奮闘しつつ、いかにAIと協働していくか考える必要があるのかなと思っています。

個人的には早くドラえもんのような優しいAIロボットが現れて、「ねえこの汚いスキャンデータをきれいなワードに訳して」とか「お客の書いてる日本語の意味がわからないから聞いてきて」とか「この名前、なんて読むのか確認お願い!」など、あらゆる要望に応対してくれないかなと思っています。・・・いや、待てよ。よく考えたらその逆で、私たちがAIにそれらの細かい仕事を頼まれる可能性のほうが高いかもしれません。将来私たちはロボットにお茶出しとかしているかもしれませんね!(鍋)

今日のワード
■翻訳支援ツール
英語: computer-assisted translation (CAT) tools
フランス語 : outil d’aide à la traduction
スペイン語 : herramientas de TAC
ロシア語 :Средства автоматизированного перевода
中国語:计算机辅助翻译 または 电脑辅助翻译

■翻訳メモリ(TM)
英語:translation memory (TM)
フランス語 : mémoire de traduction
スペイン語 : memoria de traducción (MT)
ロシア語 :Память переводов
中国語:翻译记忆(库)

■ニューラル機械翻訳
英語: neural machine translation
フランス語 : traduction automatique neuronale
スペイン語 : traducción automática neuronal (NMT)
ロシア語 :Нейронный машинный перевод
中国語:神经机器翻译

■翻訳API(Application Programming Interface)
(最近増えてきた、WEBサイトやアプリを丸ごと翻訳してくれるサービス。
対訳データを預け、AI翻訳を自分好みに大量に作ってくれるサービスです。月額いくら、といった形で契約すると決まったワード数まで翻訳してくれるものが多いようです。)
英語:
translation API (application programming interface)
フランス語 :
API (interface de programmation d’application, 又は interface de programmation applicative)
スペイン語 :
API (Interfaz de Programación de Aplicaciones) de traducción
ロシア語 :
API (программный интерфейс) для машинного перевода
中国語:翻译应用程序接口

テレワーク中の会議②

2020年8月17日

8月13日、フランシールの月例会です。再び数名で近くの明日館へ向かうと、会議室には大きなモニターが置かれていました。前回の会議の帰りに「大きなモニターが欲しい」と事務所に伝えて帰ったせいでしょうか、まさに希望するサイズの機材が持ち込まれていました。(レンタル料3000円)

今回は後半に翻訳メモリソフト、MEMOQの三浦さんがクラウド版ソフトについてオンラインで講義してくださることになっていました。以前の小さいモニターでは、みんながモニターの前に集まることになりまさに「密」状態になるため、各自がPCを持ち込んでの会議をすることとしていました。でも、大きなモニターがあればもう十分です。

そうなると、もう小さいPCはいらないのですが、開きたい人は明日館の机からでも参加してもいいことにしました。

ZOOMに参加者が次々集まってきて、さあ会議、と思ったら「キーン!」とハレーション。今度は同じ部屋にあるPC同士が反応してしまったようです。「マイクオフにして!」と再び騒然。そしてオフにしたあとも通信が止まる事態に。どうやら明日館のフリーWIFIにみんなで接続してしまったせいで通信が弱くなってしまったようです。前回はモバイルWIFIを持ち込んでいましたがフリーWIFIで足りたので、今回は持ち込まなかったら、この状態に。PCの数を考えていませんでした。毎回いろいろ思い知らされます。

(*会議通訳などの派遣時には機材屋さんに機材とエンジニア派遣を依頼するのでこういったハプニングは起こりません。あくまで自社内でコストをかけずにオンライン会議を行うための試行です。)(鍋)

 

大きいモニターで快適なオンライン講義。

司会者の顔もみんなにばっちり。

オンライン会議をしよう!0814

今年5月の緊急事態宣言時にわかりやすいZOOMオンライン会議の仕方をまとめました。

これからやろうかな、という方のお役にたてると幸いです。

テレワーク中の会議

2020年7月31日

緊急事態宣言が出た前後からフランシールでもテレワークを開始しました。東京都のテレワーク助成金も申請し、1人1台のノートパソコンが社員に支給されました。VPN接続もできて自宅の仕事も快適です。

フランシールでは月に一度の定例会議を近所にある明日館(重要文化財)の会議室をお借りして行っています。3月、4月はオンライン形式(ZOOM)で行わざるを得ませんでしたが、ここ数回は明日館の会議室へ3分の1、事務所に3分の1、自宅3分の1の割合でスタッフが参加して行っています。

はじめは会議室にプロジェクターを持ち込んで会議を行いました、しかし、プロジェクターのマイクとパソコンのマイクがハレーションを起こして中断(ホワン、ホワンという強烈な音が響きます)。なんとか直りましたが部屋を暗くする必要があり、せっかくつけた会議室の定点カメラにはほの暗い人影しか写りませんでした。

次の会議ではモニターを持ち込んで臨みました。会議室は明るくできるし自宅や事務所のスタッフもクリアに見えるので快適です。持ち込んだモニターが古いパソコンのモニターだったので小さすぎる、という難点を除いては。

やはり会議をいきいきとさせるなら会議室の人が話すときに大きく映るようカメラを切り替えがあったほうがいいように思います。そうすると誰かがカメラマンになるか自動で話者を感知するカメラが必要になります。あとはコストの問題。

オンライン会議はオンラインだけで行う場合は簡単ですが現実の会議と織り交ぜて行うときは工夫が必要だなと感じています。というわけでなるべくコストをかけずにもっと快適な会議ができるよう現在も試行錯誤中です。(鍋)

今日の用語
■テレワーク
英語: Telework
フランス語: Télétravail
スペイン語: Teletrabajo
ロシア語: Дистанционная (удалённая) работа

■VPN(Virtual Private Network)接続
英語:VPN connection
フランス語:Connexion VPN
スペイン語: Conexión VPN
ロシア語 VPN-соединение

*文章を作るポイント*
「テレワーク」はあまり動詞としては使われていないようです。(例文:私は昨日テレワークしました。)
英語: 英語で基本的に動詞の「telework」は使いません。「私は昨日テレワークしました。」の場合、「I worked remotely yesterday」か「I worked from home yesterday」になります。
フランス語: J’étais en télétravail hier.
スペイン語: Teletrabajé ayer.
ロシア語: Работа из дома; дистанционная работа; удалённая работа.
*При образовании глагола – «работать из дома»; «работать дистанционно», «работать удалённо». Например, «я вчера работал из дома»; «я вчера работал дистанционно», «я вчера работал удалённо».

ちょっと画面が小さすぎるかな。

 

オーライと往来

2020年7月29日

フランシールは一軒家で、隣と前には駐車場があります。
「オー!オー!」
と駐車場に入るトラックを誘導する声が窓から聞こえてきます。
「日本人はオーオーって言いますね。私の国では「OK, OK, STOP, STOP」です。
と、カナダ人のMさん。すると日本人Oさん。
「いえいえ、日本人も本当はオーライ、オーライって言ってるんですよ」。
真面目なMさんは早速インターネットで調べます。
「本当だー!「往来」って言ってるんだー。」
Oさんはすかさず修正。
「いえいえ、All right, All right の日本語なまりです!」

それにしても日本のトラックの中には「バックします。バックします」とまで言ってくれるものがあります。そんなトラック、他の国にもあるんでしょうか。また、「バックする」という表現自体も考えてみれば不思議です。でも「後ろに進みます。」「後退します。」もどうかなと思ってしまいます。やっぱりベストな日本語だったんでしょうか。
さてこのバックという言葉、気づけばあちこちで使われています。実は和製英語なものもあるので注意が必要です。

今日の言葉

■(車の)バックミラー
英語 Rearview mirror
フランス語 Rétroviseur
スペイン語 Retrovisor, espejo retrovisor
ロシア語 Зеркало заднего вида

■(車の)バックライト
英語 Tail lights
フランス語 Feux arrières
スペイン語 Focos traseros, luces traseras
ロシア語 Задние фонари

おまけ
■車の「バックします、バックします」と言ってくれる機能 ある? ない?あったらなんていう?
★カナダ:「話す」車が見たことがないです。ピーピーという音は出ます。
★オーストラリア:音だけ出ます。
★フランス :バックする車の音は「bip bip」。でもしゃべる車はみたことがないです。
★スペイン :バックするは「Dar marcha atrás」。でも音声機械は付いてないです。
★ロシア: “Осторожно, моя машина едет назад” (ご注意ください。私の車はバックします)と言う車もあります。
★スウェーデン:「ピーッピーッ」など警告音のバックブザーは使われていますが、音声機能つきの車は見たことないです。

 

フロントについているけれどバックミラー?

フランシール・フィロソフィー

2020年4月16日

4月7日緊急事態宣言がだされて約10日がたちました。
フランシールでは半分以上のスタッフがテレワーク中です。
目白のオフィスはとても静かで、外の鳥の声がよく聞こえます。桜は散り、新緑の季節がやってきて、景色は新しい季節がきたことを私たちに伝え、一瞬のどかな気持ちになりますが、新型コロナの影響はまだまだ続いています。

先日、会社にはOUR PHILOSOPHY として5つの方針が各部屋に掲げられました。
 職人としてのプライド (Professionalism)
 チャレンジする会社 (Keep challenging ourselves)
 顧客視点のサービス提供 (Customer-based services)
 共感力と思いやり (Consideration of others)
 社会への利益還元 (Contribution to society)

この経営方針が新型コロナに負けないよう、テレワーク中のスタッフも含め、私たちも諦めずに今何が自分たちでできるのかを模索中です。

世界中で困っている感染者の皆様、彼らを助けようとして頑張っている医療従事者の皆様、休業や業務中止でお困りの皆様に希望をお届けできるような展開を目指したいと思います。

フランシール代表 鍋田

1 / 8

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント