国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

(フランス語通訳 旅ブログ)ジブチ②

2020年10月15日

先日もブログ記事を寄せてくださったフランス語通訳の橋爪さんより、東部アフリカの国、ジブチ国について第2回目の記事です。
写真の日付は2013年。たったの7年前!世界は広いですね。


ジブチ共和国を業務の関係で周遊したとき、たまたま紅海を見下ろす高台のホテルに宿泊しました。
オボックという港町からそう遠くはない場所でした。

なんだか見たことないホテルでしょう。
各室は独立したヴィラになっています。
ヴィラの材質は未加工木材と織布(?)のようなものです。

ホテルのレストランです。
眺望は素晴らしいものです。
夕食、朝食はここで取りました。

ホテルの部屋の入り口です。
この布みたいなもの、これで部屋は作られています。

高台のホテルから見る紅海の入り口付近です。
一緒に宿泊した一人が、この下の海に面するヴィラで泊まりました。
夜、彼この紅海の入り口で泳いでいました。

夕食に出たオマール海老です。
イセ海老とはまた味も雰囲気も違います。
美味でした。

これが高台の寝室です。
高台には10室以上あるように見受けました。

いやあどうも、その布みたいなものでできたヴィラ(部屋)に泊まるのは、
生まれてはじめての経験で、
床は、どうもコンクリートが打ってあるような感じで、
また暑いのでエアコンも装備されていますが、
このエアコンの音がすさまじい音なので、
なかなか寝付かれず、朝まで蚊帳をかけたまま、
意識は目覚めたままでした。

朝、日の出とともにヴィラの外へ出ました。
ホテルの従業員が、庭の中で眠っていました。
広い庭の中で、ガードマンを兼ねた寝泊まりなのでしょう。
それなりにホテル側の気の使い方を感じました。

向こうに紅海を見ながらの朝食です。
いい歳をして、なんだか皆(僕を含め)はしゃいでいるように見受けました。

このパンが一種独特です。
かなりおいしいものです。
現地の人も、朝にはかならずこのパンから始まるそうです。
パンの名前を聞きましたが、忘れてしまいました。

朝食です。

レストランの裏手では、
ホテルの人たちが朝食をとっていました。
やはりこのパンを食べていました。

ホテルの朝食係りの女性たちです。


因みにジブチの位置図を送ります。


このホテルへ宿泊したときの、
旅程の図になります。
行きは4輪駆動で、帰りはオボックから巡視艇でジブチへ戻りました。

オボックのホテルの位置図です。
―終わりー

(フランス語通訳 旅ブログ)ジブチ

2020年10月9日

先日もブログ記事を寄せてくださったフランス語通訳の橋爪さんより、今度は東部アフリカの国、ジブチ国について寄稿いただきました。


2012年から毎年のようにジブチへ出張していました。
最近では2019年が最後でした。
この間、特に2013年と2014年、アッサル湖を訪ねました。

その時の写真は、外付けハードに記憶させておいたのですが、どういうわけか消えてしまい、
東京でジブチに関する講演会を依頼された時、パワーポイントに収めていた写真が辛うじて残っていました。
そこでPPの画像をJPEGに変換し、普通の写真画像のようにしました。
それを送ります。

首都ジブチからアッサル湖へ行くには、
このような草木の無い土漠風の岩石肌の山野を通過します。正面に見えてきたのがアッサル湖です。

正面に向かって、少し下り坂になっています。
それは、アッサル湖が海面下153mに位置しているアフリカ大陸で、一番低いところにあたるからです。

アッサル湖の塩原
塩の塊みたいなものが一面に広がっています。これは正真正銘の塩です。
ここを裸足で歩くと、足が傷つき、血だらけになります。塩は固く引き締まり、棘のようになっています。

湖は温水プールのような温度

湖水の色はこんな色で、エメラルドグリーンとはいかないまでも、それに似た色です。
ただ塩分濃度は高く、普通の海水の10倍と云われています。
湖水の面積は54km2とさほど大きくはありません。


塩原の上にて。

なにしろ暑いところ。4輪駆動できたのですが、ちょうど車の外気温時計を見たら44度でした。
50度になることもしばしばと現地の人は言います。
地球で一番暑いところともいわれています。


ジブチとは地図で見るとこういうところです。
首都ジブチからアッサル湖までは車で2時間程度。

ジブチの面積は23,200km2で、新潟県と秋田県を合わせたぐらいの面積です。
人口も大したことはなく、850,000人ぐらいで、山梨県ぐらいの人口です。
いわば小さな共和国です。(*2018年の数字では、人口は95.9千人となっています。)

湖水の水に触ると、ぬるま湯のような感じです。
手を湖水に付けているのは、一緒に行った同僚です。
湖水の中へ水着で入ると、体は自然に浮きます。


湖水の近くに小さな川が流れています。
この川の水、熱湯です。90度近い温度の熱水で、まあ、日本でいえば、温泉の源泉にあたるものです。
やはり同僚の一人が手をつけて熱さを感じています。

湖水からそう遠くないところに、アフリカ地溝帯の分かれ目があります。
正面の岩が二つに割れています。道路にも割れ目の線が入っています。
ここから徐々に数千万年かけてインド洋へと分離していく分かれ目です。


フランス語版WIKIPEDIAの図で説明すると、こういうところにあたります。
ちょうど3個のプレートの境界に位置していて、その境界へ地中からマグマが上ってくると、
その土地はどうしても分離していかざるを得ないようです。
その境界線がジブチというところです。(橋爪 雅彦)

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント