国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

SDGsについて考える 「目標10 人や国の不平等をなくそう」

2020年10月21日

■日本語:人や国の不平等をなくそう(◎は国連の公用語である6言語)
◎英語:Reduced inequalities
◎フランス語:Inégalités réduites
◎スペイン語:Reducción de las desigualdades
◎ロシア語:Уменьшение неравенства
◎中国語:减少不平等
◎アラビア語:الحد من أوجه عدم المساواة
スウェーデン語:Minskad ojämlikhet

あらゆる事象を「言語」の観点からみてしまう習性が抜けない。今回の目標も、どうしても、「言語の不平等」という切り口で考えてみたくなる。一面的で偏った見方に陥る可能性もあるのだが、しばしおつきあい願えればありがたい。
国連によると、目標10では、「所得の不平等」と同時に「性、年齢、障害、人種、階級、民族、宗教、機会にもとづく不平等や各国内及び国家間の不平等の撤廃」を求めているそうだ。う~ん、「言語の不平等」なんてどうでもいいのかな。事実、世界中でA語を使えば壁もなくなって平等になるのに、などという能天気なことを平気で言う人も少なくない。

「言語の不平等」と言われてもピンと来ない人の方が多いかもしれない。現在世界では、控えめな見積りでも3,000ほどの言語が使われている。仮に国連加盟国数の193で割ると一国当たり平均15以上の言語が存在することになる。この一国内に存在する複数の言語間の地位が平等でないところにまず最初の問題がある。多くの国で公用語が制定されており、そうでない場合でも、我が国を含め、一つか少数の言語が実質的な公用語として機能している。そうすると、そこからもれる言語がいくつも存在することになる。例を挙げると、植民地支配からの脱却後、国内に母語としている人がほとんどいないにもかかわらず、旧宗主国の言語を公用語として採用している国が数多くある。このような国では、公用語を使えるようになるには、「お金」をかけて長い「時間」学校に通う必要があるのだが、それができるのは、長時間水汲み労働等をしなくても、我々が想像する普通の生活ができる階層だけだ。上の「世界中でA語を使えば~」説に従えば、表面に表れない公用語以外の言語(ともちろんそれを使う名もなき人々)は積極的に忘れ去るのが進歩で正義ということになる。でも国連が救済しようとしている貧困層とこれらの忘れ去られてしまいそうな言語を使う人々は多分に重なるのだ。「就学率の向上を!」とか「識字率のアップを!」というかけ声もこのような背景を頭に入れておかないと、空言に終わってしまうのではないか。

続いて「各国家間の不平等」だが、各国の公用語間にも序列があるのは誰の目にも明らかであろう。国連でも6言語のみが公用語とされ、その中でも2言語が作業語とされ、さらにまたその中でも、、、という状況だ。我が国出身の国連職員が増えないのは、この状況と密接に関連している。これが「不平等」かどうかはさておき、だからA語を公用語にしないとダメだ式の言説は、国際間の(言語の)「不平等」固定化に加担する明らかに倒錯した思考法だろう。
生来悲観主義者なので、そもそも「不平等」なんて、永遠にとは言わないまでも、近い将来根絶することは不可能ではないかと、問題の大きさを前に暗澹たる気持ちにもなるが、弱き者の視点で物事を見るのは無駄ではなさそうだ。     (一老いぼれ職員)
(小文の見解は筆者個人のものであり、必ずしも㈱フランシールの公式見解ではありません。)

SDGsについて考える 「目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう」

2020年10月14日

[インフラ、産業化、 イノベーション] 強靭(レジリエント)なインフラ構築、 包摂的かつ持続可能な産業化の促進 及びイノベーションの推進を図る

■日本語:産業と技術革新の基盤をつくろう (◎は国連の公用語である6言語)
◎英語:Industry, innovation and infrastructure
◎フランス語:Industrie, innovation et infrastructure
◎スペイン語:Industria, innovación e infraestructura
◎ロシア語:Индустриализация, инновации и инфраструктура
◎中国語:产业、创新和基础设施
◎アラビア語:الصناعة والابتكار والهياكل الأساسية
スウェーデン語:Hållbar industri, innovationer och infrastruktur

UN(国際連合)の定義を引用しますと、目標9は「強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的

かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る」です。つまり、人とモノがより効率的につながるために、新しいスキル、産業と技術を開発し、開発途上国でもみんなに役に立つ、安定した産業を育てることです。目標9はさらに細かな8個のターゲットで構成されています。

日本、アメリカ、カナダ等の先進国では、様々なインフラが十分整備されていて、都市部だけでなく地方に暮らしていても、大量輸送、再生可能エネルギー、情報通信技術(ICT)の恩恵を受けることができます。ただし、世界中にはインフラが普及していない地域が、現在でもたくさんあります。最低限のインフラである電力、水道すら発展されていない国もあります。
基礎インフラを含む持続可能な産業を開発する事は、目標9の1つ目のターゲットです。基礎インフラに誰でも公平にアクセスできるようになれば、人間の福祉向上に繋がります。また、福祉や生活に必要な持続可能な施設や設備の充実は、生活水準の向上と技術革新をもたらします。目標9の1つ目のターゲットの達成は、世界のための必要不可欠な段階です。

皆様にこの記事を読んでいただく事ができるのは、インターネットのおかげです。すでに世界中のインターネットの普及率は高いと思われますが、実はインターネットを使えない人々はまだまだ多いのです。「Measuring digital development: Facts and figures 2019」(ITU/ 2019) によりますと、約36億人がインターネットにアクセスできていません。80%以上の人がインターネットを使えない、開発が遅れている国もあります。
インターネットを含める情報通信技術(ICT)は、SDGsに必要不可欠であるとされており、とくに後発開発途上国でICTのアクセスを向上させ、安価なインターネットをだれでも提供できる ようにするのが目標9の8つ目ターゲットです。

コロナ禍の世界で外出制限など感染対策に伴い、インターネット利用が急増しています。例えば、ZOOM等のソフトウェアを使って自宅でオンライン授業を受けるようになった子供たちがたくさんいます。ただし、そもそもインターネットが使えない地域では、学校閉鎖で教育を受けられなくなってしまう子供たちもいて、不公平が発生しています。それが、「デジタルディバイド」(情報格差)です。
今のような困難な時期こそ、インターネットは単なる娯楽の発信源ではなく生活のあらゆる面で必要不可欠なものです。ネット環境が整っていない地域は教育や医療への悪影響が大きい事もよくわかります。
全世界が誰にでも便利で公平になるために、自分で調べたり、周りの人に意識を広めたり、無理のない範囲で募金をしたりして、できることを考え、持続可能な社会のために行動してみましょう。

私は「デジタルディバイド」という言葉を知りませんでした、皆様はご存知でしたか。
また、インフラが整っていない地域に行ってみたことがある方がいらっしゃいますか。ご感想などはコメント欄で是非お待ちしております。 (マドレーヌ)

SDGsについて考える 「目標8 働きがいも経済成長も」

2020年10月13日

[経済成長と雇用] 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての 人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある 人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する

■日本語 働きがいも経済成長も

◎英語:Decent work and economic growth
◎フランス語:Travail décent et croissance économique
◎スペイン語:Trabajo decente y crecimiento económico
◎ロシア語:Достойная работа и экономический рост
◎中国語:体面工作和经济增长
◎アラビア語:العمل اللائق ونمو الاقتصاد
スウェーデン語:Anständiga arbetsvillkor och ekonomisk tillväxt

持続的な経済成長のために必要なことは何でしょうか。
技術革新や、人口増加?
経済成長にはそれもたいせつなことですが、SDGsの視点はそれらとは少し違います。

経済を分解していくと、それが社会で就業するひとりひとりの働きを基に成り立っていることがわかります。
① そのひとりひとりが少しでも多くなるよう座席を増やすこと(=雇用を増やすこと)
②ひとりずつの生産性を上げること
これらが包摂的で持続可能な経済成長、目標8の達成に必要だと考えられています。

具体的にはどうやってアプローチをすればいいでしょうか。

たとえば、いくら働き口があっても、収入が十分でなかったり、権利や安全が保障されていなかったりする環境では、仕事に集中して生産的な成果を出すことは難しいと思います。

十分な収入や、自分や家族のために使える時間(長時間労働を担保にしなくても稼ぎを得られる)といった権利を保証し、労働保険などの適切な社会的保護を受けられる仕事。
SDGsにおいては、これらを、ディーセント・ワーク(decent work)=働きがいのある人間らしい雇用として、テーマに掲げています。

社会を構成するひとりひとりが安心して、自分の仕事に前向きに励むことができれば、効率が上がり、経済がよくなる(上記②の達成)。そして経済がよくなれば、今働ける人たち、これから働ける年齢に達する人たち(生産年齢人口)が働くための座席を増やすことができる(上記①の達成)。その良い循環を目標としています。

この目標が定められた背景には、世界におよそ2億人いるとされる失業者(うち約4割が15~24歳の若年層)の問題や、後発途上国においては5歳から17歳までの子どもの4人に1人が学校に行けず、生活のためきびしい労働に就いていることなど、今の貧困や未来の貧困に直結するいくつかの深刻な問題があります。

私たちの大半は労働者にすぎず、この取り組みに対して直接大きな作用を及ぼすことは難しいですが、自分の労働環境について考えたり、使用者や他の労働者へ働きかけたり、あるいはより働きがいのある環境を選択するなど、自分の働く環境の改善をめざして行動することが、わずかでもこのテーマについて考え、参加することになるのではないかと思います。(林)

SDGsについて考える 「目標7 エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」

2020年10月6日

[エネルギー] すべての人々の、安価かつ信頼できる 持続可能な近代的なエネルギーへの アクセスを確保する

■日本語:エネルギーをみんなにそしてクリーンに (◎は国連の公用語である6言語)

◎英語:Affordable and clean energy
◎フランス語:Énergie propre et d’un coût abordable
◎スペイン語:Energía asequible y no contaminante
◎ロシア語:Недорогостоящая и чистая энергия
◎中国語:经济适用的清洁能源
◎アラビア語:طاقة نظيفة وبأسعار معقولة
スウェーデン語:Hållbar energi för alla

目標7は、「すべての人に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する」ことを目指しています。
日本では、2030年までに再生可能エネルギーの割合を22-24%とすることが目標となっているようです。しかし、ただ単に水力・風力・太陽光・地熱など自然由来のクリーンエネルギーを増やせば良いというわけではありません。自然由来のエネルギーは、天候にも左右されやすいため変動的で、安定した供給が難しく、日本のように電力需要の大きい国では停電などを起こさないようにバランスを考える必要があります。

環境にやさしい自然由来の燃料による発電はそれ相応のコストもかかるので、電気代が上がるなど、私たちの負担も大きくなる可能性があります。そのため、安価な化石燃料なども用いながら、バランス良く電力供給をしていく必要もあるかもしれません。

さて、再生可能エネルギーへの取り組みといえば、私が以前住んでいた中米のコスタリカは、導入が最も進んでいる国のひとつです。ここ数年、コスタリカの電力は98%以上が再生可能エネルギーで賄われており、2018年には300日間、100%再生可能エネルギーによる電力供給を達成しました。もちろん、国土の面積や電力需要が日本とは大きく異なるため、単純に比較することはできませんが、生物多様性やエコツーリズムなど自然を大切にするコスタリカの人達の関心の高さがこのような取り組みに現れているとも言えます。


コスタリカの火山。富士山にも似てる??

コスタリカでは、再生可能エネルギーのなかでも水力による発電が7割超えと最も高いようですが、私も以前日本の円借款による水力発電所の開所式に参加し、放水の瞬間、数トンもの水が流れ込む様子を目の当たりにしたことがあります。豊かな自然を上手に活用し、共存しているコスタリカは、エコなイメージ戦略にも成功しているように思います。
(コスタリカとは、スペイン語で豊かな(Rica)海岸(Costa)という意味です)
国の規模や電源構成は異なっても、それぞれの国が環境を意識し、できることを進めていくしかないのでしょう。


放水の瞬間!

最後にコスタリカを代表するフレーズをご紹介します。
Pura vida (プラビダ)!
直訳するとPure life(「純粋な生活」または「清らかな人生」とでも訳されるのでしょうか)、自然を愛するコスタリカならではの言い回しで、どんなシチュエーションでも使えるパワーフレーズです。コスタリカではとにかくいろんな場面でみんなが日々プラビタを連発します。コスタリカの方と知り合う機会があれば是非使ってみてください。
きっと笑顔でPura vida !と返ってきます。

美しい海岸線。まさにコスタ・リカ?


夕暮れもきれいです

(川本)

SDGsについて考える「目標6 安全な水とトイレを世界中に」

2020年10月6日

[水・衛生] すべての人々の水と衛生の利用可能性と 持続可能な管理を確保する

日本語:安全な水とトイレを世界中に(◎は国連の公用語である6言語)
◎英語:Clean water and sanitation
◎フランス語:Eau propre et assainissement
◎スペイン語:Agua limpia y saneamiento
◎ロシア語:Чистая вода и санитария
◎中国語:清洁饮水和卫生设施
◎アラビア語:المياه النظيفة والنظافة الصحية
スウェーデン語:Rent vatten och sanitet för alla

安全な水のありがたさ、清潔なトイレの大切さというのは、日本にいるとなかなか実感することが難しいですよね。日本では、蛇口をひねれば水道水が出てくることは当たり前ですし、もちろん普通に飲むことができます。(しかも地方によっては、とても美味しい!)また、最近では日本のどこに行っても汚いトイレというのはほとんど見ることがなくなったような気がします。しかし世界の状況は、日本とはかけ離れています。

WHO(世界保健機関)は「1km以内に一人1日20リットルの水を確保できる場所があるかどうか」を目安としていますが、世界では約9億人の人々が飲料水にアクセスできないと言われています。安全な飲み水がないと、人は汚れた水を飲むしかなく、そのせいで下痢になり命を落としてしまいます。また毎日何キロも歩いての水汲みは、女性や子供にとってたいへんな重労働で、学校へ行き勉強する機会が失われてしまいます。(教育の重要性については目標4を参照)

一方、トイレの問題も深刻で、世界の24億人以上は基本的なトイレが使えない状況にあるそうです。トイレがないと屋外で排泄することになります。屋外排泄の何が問題かというと、屋外で排泄をすると感染症が発生しますし、女性の場合、性的な被害に遭う危険性も生まれてしまいます。学校にトイレがないことが原因で、思春期の女の子は学校に通えなくなってしまいます。たかがトイレではなく、人間の命や尊厳にかかわる大切な場所なのです。

こうした水・トイレ問題に関して、日本は高い技術力で世界に貢献しています。JICAや国際NGOやメーカーの方々など、日々この問題に取り組んでいる方々がいらっしゃることを、私は翻訳の仕事を通じて知りました。心から応援したいと思うとともに、日本に住む私たちも、世界の現状をいつも心に留めて、価値観や行動を変えていく必要があると感じています。(上畑)

1 / 3

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント