国境を超えるあなたを応援します
Linguistic assistance beyond borders

ヨーロッパの個人情報保護事情ーGDPR(一般データ保護規則)ーについて

2020年9月29日

みなさんは欧州連合(EU)の一般データ保護規則(英:General Data Protection Regulation、GDPR)をご存知でしょうか。2016年に公布され、2018年5月から施行されている個人情報保護法です。民間企業の業務に影響を与える法律であり、欧州連合の市場規模を考えれば、日本企業も無視できない条例です。以下に簡単にご説明させていただきたいと思います。
GDPR は欧州連合の全加盟国(現在27か国)に施行されています。EU法によると、規則(英語ではregulation、フランス語ではrèglement)は指令(英語もフランス語もdirective)とは違い、直接的に加盟国の法律となるため連合全領域に統一して実施されます。

GDPRの方向性は以下の三つです:
1) 個人情報データの保護強化
2) 個人情報データを扱う業者・組織の責任明確化
3) 個人情報データ扱いの監視機関権限強化

個人データを取り扱う企業は、GDPRで問題にならないようにするため、下の助言を遵守する必要があります。
1) 目的達成のためだけのデータしか収集しないこと
2) 透明性を保つこと
3) 個人情報主体の権利行使を確保すること
4) データの保存期間を定めること
5) リスクを認識し、データの保安に努めること
6) GDPRへの対応を継続的なプロセスにすること

日本企業も、EU諸国から個人データが含まれるデータを受け取る場合は、注意が必要です。もし違反すると、年間売り上げの4%、あるいは2000万ユーロ(どちらか高いほう)の罰金を課せられるとなります。また、日本の個人情報保護法などとの違う点はいくつかありますが主要点を下記に記します:
1) GDPRでは、クッキーやIPアドレスが個人情報であることが明記されていること。
2) GDPRでは、開示義務が広い(ユーザーの権利、保存期間など)こと。
3) GDPRでは、個人情報主体はいつでも同意を撤回できるように、撤回方法は容易でなければならないこと。いわゆる「忘れられる権利」があり、違反がなくても削除できること。

また、日本では個人情報保護の適切な措置をとる会社にプライバシーマークがありますが(フランシールも取得していますが)、ヨーロッパでは同様のしくみは特になく、全世界共通のISO27701がそれに相当します。(ノブル)

テレワーク中の会議

2020年7月31日

緊急事態宣言が出た前後からフランシールでもテレワークを開始しました。東京都のテレワーク助成金も申請し、1人1台のノートパソコンが社員に支給されました。VPN接続もできて自宅の仕事も快適です。

フランシールでは月に一度の定例会議を近所にある明日館(重要文化財)の会議室をお借りして行っています。3月、4月はオンライン形式(ZOOM)で行わざるを得ませんでしたが、ここ数回は明日館の会議室へ3分の1、事務所に3分の1、自宅3分の1の割合でスタッフが参加して行っています。

はじめは会議室にプロジェクターを持ち込んで会議を行いました、しかし、プロジェクターのマイクとパソコンのマイクがハレーションを起こして中断(ホワン、ホワンという強烈な音が響きます)。なんとか直りましたが部屋を暗くする必要があり、せっかくつけた会議室の定点カメラにはほの暗い人影しか写りませんでした。

次の会議ではモニターを持ち込んで臨みました。会議室は明るくできるし自宅や事務所のスタッフもクリアに見えるので快適です。持ち込んだモニターが古いパソコンのモニターだったので小さすぎる、という難点を除いては。

やはり会議をいきいきとさせるなら会議室の人が話すときに大きく映るようカメラを切り替えがあったほうがいいように思います。そうすると誰かがカメラマンになるか自動で話者を感知するカメラが必要になります。あとはコストの問題。

オンライン会議はオンラインだけで行う場合は簡単ですが現実の会議と織り交ぜて行うときは工夫が必要だなと感じています。というわけでなるべくコストをかけずにもっと快適な会議ができるよう現在も試行錯誤中です。(鍋)

今日の用語
■テレワーク
英語: Telework
フランス語: Télétravail
スペイン語: Teletrabajo
ロシア語: Дистанционная (удалённая) работа

■VPN(Virtual Private Network)接続
英語:VPN connection
フランス語:Connexion VPN
スペイン語: Conexión VPN
ロシア語 VPN-соединение

*文章を作るポイント*
「テレワーク」はあまり動詞としては使われていないようです。(例文:私は昨日テレワークしました。)
英語: 英語で基本的に動詞の「telework」は使いません。「私は昨日テレワークしました。」の場合、「I worked remotely yesterday」か「I worked from home yesterday」になります。
フランス語: J’étais en télétravail hier.
スペイン語: Teletrabajé ayer.
ロシア語: Работа из дома; дистанционная работа; удалённая работа.
*При образовании глагола – «работать из дома»; «работать дистанционно», «работать удалённо». Например, «я вчера работал из дома»; «я вчера работал дистанционно», «я вчера работал удалённо».

ちょっと画面が小さすぎるかな。

 

オーライと往来

2020年7月29日

フランシールは一軒家で、隣と前には駐車場があります。
「オー!オー!」
と駐車場に入るトラックを誘導する声が窓から聞こえてきます。
「日本人はオーオーって言いますね。私の国では「OK, OK, STOP, STOP」です。
と、カナダ人のMさん。すると日本人Oさん。
「いえいえ、日本人も本当はオーライ、オーライって言ってるんですよ」。
真面目なMさんは早速インターネットで調べます。
「本当だー!「往来」って言ってるんだー。」
Oさんはすかさず修正。
「いえいえ、All right, All right の日本語なまりです!」

それにしても日本のトラックの中には「バックします。バックします」とまで言ってくれるものがあります。そんなトラック、他の国にもあるんでしょうか。また、「バックする」という表現自体も考えてみれば不思議です。でも「後ろに進みます。」「後退します。」もどうかなと思ってしまいます。やっぱりベストな日本語だったんでしょうか。
さてこのバックという言葉、気づけばあちこちで使われています。実は和製英語なものもあるので注意が必要です。

今日の言葉

■(車の)バックミラー
英語 Rearview mirror
フランス語 Rétroviseur
スペイン語 Retrovisor, espejo retrovisor
ロシア語 Зеркало заднего вида

■(車の)バックライト
英語 Tail lights
フランス語 Feux arrières
スペイン語 Focos traseros, luces traseras
ロシア語 Задние фонари

おまけ
■車の「バックします、バックします」と言ってくれる機能 ある? ない?あったらなんていう?
★カナダ:「話す」車が見たことがないです。ピーピーという音は出ます。
★オーストラリア:音だけ出ます。
★フランス :バックする車の音は「bip bip」。でもしゃべる車はみたことがないです。
★スペイン :バックするは「Dar marcha atrás」。でも音声機械は付いてないです。
★ロシア: “Осторожно, моя машина едет назад” (ご注意ください。私の車はバックします)と言う車もあります。
★スウェーデン:「ピーッピーッ」など警告音のバックブザーは使われていますが、音声機能つきの車は見たことないです。

 

フロントについているけれどバックミラー?

ロックダウンと自粛

2020年7月17日

毎日コロナのニュースをドキドキしてみています。機能の東京は過去最多の286人!いよいよ日本もヨーロッパやアメリカのようになっていくんでしょうか。重症患者が少ないことは気休めになりますが、やはり高まる緊張感を感じます。再び外出自粛にならなければいいのですが。
さてこの自粛、海外の人には不思議に映るようです。Lockdown(都市封鎖)をして罰金を課すなどして人々の自由を奪う西洋に比べてSelf-restraint(自粛)は甘いと見えるんでしょう。
ただ、今年の3月、4月に感じた自粛ムードというのは「家にいたほうがいいよ」という軽いものではなかった気がします。弊社のフランス人も公園でマスクを取ると近くの女性に注意されたと言っていましたが、自粛警察は正直本当の警察より怖い気がします。
ちなみにフランスではロックダウンを「Confinement」と言います。てっきり英語をフランス語のように使って「ロックダウン」と言っているのかと思った私は驚きました。さすがフランス人。英語を安易には使わないんだなと思いました。

今日のワード

■都市封鎖
英語 Lockdown
フランス語 Confinement
スペイン語 Confinamiento
ロシア語 Закрытие города

■外出自粛
英語 Self-isolate (Self-quarantine)   
フランス語 Confinement volontaire
スペイン語 Aislamiento voluntario
ロシア語 Добровольная самоизоляция

フランシール代表 鍋田

Remote interpreting: a chance for the internalization of SMEs

2020年6月11日

New normality is not here yet. For the last couple months, we all have started taking measures in urge to adapt to this never-ending shifting reality. Citizens follow guidelines from the experts, while companies from different industries face different challenges. Having all the options on the table, every single factor must be scrutinized in order to implement the right measures to continue being an active actor in the market.

The translation and interpretation industry which my company belongs to, has not been impacted as badly as the hospitality or the fashion industry. Although April was a rather sluggish month for most, right now translation is still alive and well. Since most freelance translators have been working remotely since the birth of the internet, not much has changed in this regard. Fields such as audiovisual and literature translation especially are in times of plenty, with streaming content or videogames being almost the only option of entertainment available.

On the other hand, it is not an overstatement to say that interpretation or oral translation is in a lean period. Interpreters are qualified professionals with not only a great understanding and fluency of the two or more languages that they work with, but also with an array of skills to pass a message and make communication between two or more parties possible, being a key tool in the global stage we are at. Although the practice of delivering the message after the intervention of the speaker for the participants to follow the discussion, which is known as consecutive interpretation, is more common and requires virtually no equipment, for high-level meetings, seminars with many participants where there is not enough time to exchange between the speakers and interpreters, simultaneous interpreting is necessary. When providing this service, the interpreter finds herself/himself listening actively to the speaker to understand the meaning in order to convey it to the listeners on the spot. Similar to professional athletes, surgeons or chemists, the highest-level interpreters might be seen by some as extraordinary people with superpowers.

However, we are in an age where even the more capable people’s job is in shambles. Here in Japan, we are seeing with our own eyes how many expats are being sent back to their home countries. All the hard work developing skills and know-how is suddenly not a guarantee for having a stable life. It seems like this situation will not get better anytime soon and at these trying times, it seems like there is not any hope left. Or is it really?

Not as expected, this viral crisis might actually bring some great business opportunities both for companies with presence in the international landscape and professionals involved. Remote teleconference platforms, such as Zoom or Interprefy, as well as a large number of apps that are available to the public now, provide a premium service that enables one or several designated persons to do simultaneous interpretation. A simple feature enables the participants in the videoconference to select a channel to listen to the interpreter in the language they understand, muting the speaker that is intervening in one language to select the interpreter’s channel. Despise the sometimes-imperfect quality of the sound and some basic technical difficulties that may arise, mainly due to the internet connection, this is indeed an experience not so different to a professional setting at an international meeting, conference or seminar, where sound-proof booths, microphones, headphones a PA system are required.

We do believe that with the new 5g network that is being implemented, new tech will be developed, bringing new business opportunities and ways of carrying out such. We can see great positive outcomes for companies whose activity crosses borders and for professionals involved in this field. With shorter notice, companies will be able to connect with a professional interpreter that, having a similar high-quality service for a significant lower price. Moreover, this will help small and medium-sized enterprises to have more chances to negotiate and build up a relationship with foreign companies and vendors. Likewise, interpreters can benefit from this new way of providing services by managing their schedules better and having a better work-life balance.

The role of a translation and interpretation agency remains the same: providing clients with the resources and solutions needed according to their needs whenever they need with the guarantee of having a great outcome, however agencies must continue to find out how to help and assist their clients in the most efficient and way in this new era we are entering.

Jorge Rubio
Franchir Co., Ltd.

1 / 7

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

お気軽にご相談ください。
翻訳者・通訳者を募集しています。

アクセス


株式会社フランシール
〒171-0031
東京都豊島区目白4-19-27
TEL:03-6908-3671
FAX:03-6908-3672
株式会社フランシールは、プライバシーマークを取得し個人情報保護に努めております。

最近のコメント